Profile

プロフィール

ご挨拶

身も心もキラリと輝くバレリーナの育成を目指しています。

バレエは舞台芸術です。

 

舞台の上に立つと、非日常の感覚に満たされ、身体中から輝くようなパワーが溢れ、心が揺さぶられます。

瞳を開いて、心を開いて、美しさを感じ、自分の思うように踊り表現し伝えることは、とても素晴らしく幸せなことです。

 

バレエの優雅さ・華やかさは、日々の研鑽の上に成り立っています。

美しく踊るために積み重ねたその努力は、観てくださる方に必ず伝わります。

 

ともに練習をしてきた仲間たち・陰ながら支えてくださっているご家族やご友人への感謝気持ちを持ちながら

自分と向き合い過ごしてきた時間を誇りに、舞台の上でお客様に少しでも多くの感動を与える踊りができる

身も心もキラリと輝くバレリーナの育成を目指しています。

   2016年9月1日 新スタジオOPEN  菊川駅徒歩1分  

  新しいスタジオへのアクセスはこちら


講 師

谷垣 美音

Tanigaki Mine 

タニガキ ミネ

Biography

6歳よりクラシックバレエ、ジャズダンス、モダンバレエ、タップダンスを始める。

10歳より今村バレエスタジオ 今村昌子、仙台シティバレエ研究所 金井利久、東京シティバレエ団 安達悦子、中島伸欣、に師事。

日本女子短期大学舞踊専攻卒。

1994年東京シティバレエ団研究生を経て東京シティバレエ団入団。主なレパートリーに出演。

同バレエ団研究生クラスの指導にもあたる。

2003年文化庁国際芸術交流支援事業中国公演(上海、寧波)に出演。

2005年退団後、フリーダンサーとして活躍。解剖学からアプローチする指導法についての講習会に数多く参加。数々のスタジオで、後進の指導にあたる。

一児の母。

 

主な出演作品

「白鳥の湖」パドトロワ、四羽の白鳥、小道化、花嫁。

「コッペリア」スワニルダの友人、仕事の踊り。

「ジゼル」パ・ド・シス。

「くるみ割り人形」クララ、中国の踊り、トレパック、葦笛の踊り等。



特別講師

黄凱ホワンカイ東京シティバレエ団プリンシパル

黄凱

Huang Kai

ホワン カイ

東京シティバレエ団 プリンシパル 

Biography

1989年 中国上海市舞踏学校入学。陳家年、林美芳、凌桂明に師事。卒業後、上海バレエ団入団。

年間80100ステージすべてにファーストソリストとして出演する。

1997年 四大バレエ団競演にて東京シティ・バレエ団「レ・シルフィード」にゲスト出演。

翌年、文化庁海外芸術家招聘研修生として同団にて研修。「くるみ割り人形」「白鳥の湖」に主演。

1999年 東京シティ・バレエ団入団。

以降「白鳥の湖」「ジゼル」「くるみ割り人形」「コッペリア」「真夏の夜の夢」「カルメン」「ロミオとジュリエット」等の主なレパートリーにおいて主演。

2003年 文化庁国際芸術交流支援事業東京シティ・バレエ団中国公演「コッペリア」(上海・寧波)主演。

2011年「Ballet Helps Japan(ベルリン)出演。

2012年「World Ballet Stars Gala in Kazakhstan」出演。

国内バレエコンクール審査員。

洗足学園音楽大学グローバルコース講師。

 

オフィシャルサイトhttp://www.huangkai.org



特別講師

 

 

西澤美華子

 

 

東京シティバレエ団特別団員

東京シティバレエ団付属バレエ学校教師

ジャイロキネシス認定トレーナー

チャコットカルチャースクール講師

日本工学院講師


特別講師

 

 

松本佳織

 

 東京シティバレエ団団員

「くるみ割り人形」 クララ・コロンビーヌ・中国

「白鳥の湖」四羽の白鳥

「ジゼル」ペザント

「パキータ」パドトロワ等を踊る

第65回東京新聞主催全国舞踊コンクールジュニアの部入賞4位

2007年ユースアメリカグランプリ日本予選、オーストラリアバレエスクール短期スカラシップ受賞

第14回NBAバレエコンクールシニアの部第3位の3